Excellent Coffee -Original Taste-

ログイン
ログインできない場合

買い物カゴへ

Word Search -キーワードで探す-



エクセレントコーヒーとは

商品メニュー

お買い得商品がズラリ勢揃い!数量限定なのでお早めに!

プライバシーポリシー
会員登録 トップページ 商品一覧 ご注文方法 お問い合わせ カタログ請求

  トップページ>コーヒーの基礎知識
 
 コーヒーの基礎知識
 
   コーヒー物語
 
コーヒーの長崎出島物語り(その1)
西欧と日本の文化の「扉」はコーヒーだった!?

コーヒーを初めて口にした日本人はどんな顔をして飲んだのだろう

『さあ一杯、どうぞ』
給仕が運んできたコーヒーを自慢たっぷりに差し出すオランダ商人。
その表情には、この世で一番おいしい飲みものをすすめるという誇らしさがありました。
コーヒーがヨーロッパに伝わってから約200年を経て、コーヒーはすっかり西欧の人々の生活に定着し、なくてはならない飲みものになっていました。
一方その間、鎖国政策をとっていた日本は世界のコーヒー文化から取り残されていきました。
しかし、ここ長崎・出島だけは別。西欧の文化に触れることのできる唯一の場所でした。
そして先ほどのオランダ人の屋敷では、ひとりの日本人が慣れないテーブルとイスという居心地の悪さに加え、目の前に差し出された未知の飲みものを前に緊張しています。
“コーヒーを楽しむゆとり”まではなかったかもしれません。
しかし、そのコーヒーの味は西欧への憧れと共に、しっかりと胸にきざみこまれたはずです。
ところで、初めてコーヒーを飲む名誉を与えられた日本人は誰だったのでしょう? お役人か、通訳か?それとも出入りの商人か…?
たとえそれが誰であったにしても、コーヒーを飲み終えたその人物が発した言葉は、心からのお礼の言葉、『さんきゅー、べりーまっち』であったと思います。


長崎から始まった日本のコーヒーの歴史
 
 

サイトマップ 会員登録 トップページ 商品一覧 ご注文方法 お問い合わせ カタログ請求
Copyright(C)Dart Coffee Co.,LTD. Allrights Reserved.